このページは HOME > 公園情報

公園情報

救命講習を行いました。

2月28日平和台公園レストハウスで
救命講習を行いました。

当公園は毎年災害や事故に備え
消火器を使った消化訓練や防災等の講習を受けているのですが、
今回は株式会社サニクリーンの社員の方に来て頂き
心肺蘇生とAEDの使用手順についての講習を受けました。

 alt=""title=""  alt=""title=""

はじめに胸骨圧迫の仕方を教わったのですが、
やり方のポイントとしては、
・手の付け根で5センチ以上沈み押し込むように押す。(腕の力ではなく体重をかけて押す。)
・1分間に少なくとも100回、それを30回連続して絶え間なく圧迫する。
との事でした。
胸骨圧迫は一番重要な行為で、3分以上脳に血が送られないと後遺症が残る可能性があり
生存率が著しく低下してしまうようです。
胸骨圧迫は、脳や全身に血を送るポンプの役割になっていると理解するようにとの事でした。

 alt=""title=""  alt=""title=""

次にAEDの使い方を習いましたが、
AEDは蓋を開けると音声ガイドがスタートするようです。
(※機器によっては電源スイッチがある場合も有り。)
それに従い電気ショックや胸骨圧迫を行います。
AED使用の際は
・心電図や電気ショックを使用する際は周囲の方が離れている事を確認し行う。
・時計やネックレス等を外してAEDを使用すること。(電流で火傷してしまう為。) 
上記の事に注意して使用するようにして下さい。

 alt=""title=""  alt=""title=""

当公園は観光で来園される方の他に、部活のトレーニングや少年野球、
ご年配の方たちのグラウンドゴルフ利用等、毎日様々な方達が来園されます。
もしもの時に備え日頃から訓練しておくことが大事だなと感じました。

 alt=""title=""

平和台公園では第1駐車場前のレストハウス内にAEDを設置しており、
日本救急医療財団全国AEDマップにも登録しています。

全国のAED設置情報はこちらから閲覧できます。
日本救急医療財団全国AEDマップ → www.qqzaidanmap.jp/

このページの先頭へ